亀戸天神 

亀戸天神社の歴史

受験生のみなさん必見です。受験シーズンがそろそろやってきますよね。神社などで合格祈願は済みましたか。受験合格祈願でご利益があるとして有名な亀戸天神社の歴史について紹介していきたいと思います。

 

亀戸天神社は東京都江東区にある神社でとても綺麗な神社となっています。
亀戸天神社は天保年間に太宰府天満宮の神官であった菅原大鳥居信裕が信仰を広める為に諸国を巡り、その際に1661年、江戸であった亀村にたどりついた際に元々亀村にあった祠に天神像を奉納したことから亀戸天神社が誕生し歴史が始まりました。

 

亀戸天神社に祭られているのが天満大神、天菩日命となっていて、今では受験生の多くが受験合格祈願へと訪れる有名な神社となりました。亀戸天神社は神社内がとても綺麗な事でも多くの参拝者が訪れます。

 

また、亀戸天神社ではいろいろな祭りがあります。うそ替え神事や梅、藤、菊まつりなどいろいろなまつりがあります。そのまつりを一度はみてみたいですよね。亀戸天神社は東京都内ですのでぜひ都内の方へ受験祈願は亀戸天神社でどうぞ。大変ご利益のある神社として有名です。