亀戸 歴史

亀戸の歴史

皆さんは亀戸駅を利用したことがありますか?
乗り換えやバスの乗車、ショッピングなど様々な目的でこの亀戸駅を利用し、亀戸駅に行ったことがあるという人は多いかと思います。
普段よく使っている駅ですが、その駅の歴史について知っている人は意外と少ないものです。
そこで今回は亀戸駅の歴史について調べてみましたのでご紹介したいと思います。
亀戸駅が出来たのは随分昔のことで1904年、明治37年の3月29日に総武鉄道の駅が完成し営業を開始しました。
総務鉄道の駅の営業開始から遅れること約一週間後の4月5日に東武亀戸線の駅が開業し、現在に至るまで多くの人に移動の手段として利用されています。
また1907年には鉄道国有法によって総武鉄道は買収され、国有化し、1987年の国鉄分割民営化によって亀戸駅は国鉄の駅からJR東日本の駅になりました。
その後2001年にはICカード「Suica」の供用を開始し、2006年には亀戸駅の駅ビルの名前が亀戸エルナードからアトレ亀戸へと変わりました。
普段何気なく利用している駅ですが、その歴史を調べてみると驚くほど複雑な経緯を辿っていたりしますので、皆さんも是非一度駅の歴史などを調べてみてください。